マスオさんのこと

自称日本一住みたい村のマスオさんこと橋詰光太です。

1986年生まれ。長野県上田市(旧武石村)出身。
北佐久農業高校→テクノ・ホルティ園芸専門学校へ進学し、
高校、専門学校共に一応学科主席卒業。
卒業後おぎはら植物園上田店に就職。
店頭販売及びEC事業(楽天市場等)の事業に携わりながら
宿根草から1年草、野菜までの栽培知識を蓄え、
ビニールハウスの建設からナチュラルガーデンや学校花壇での植栽アドバイスまでこなす。
2008年から副業として農業を始め、花卉市場やレストランと取引を開始。
2010年からひきこもりやニートの社会復帰支援している
NPO法人侍学園スクオーラ今人(サムガク)の選択授業農業の講師を担当
2011年サムガクと協働農場運営のビジネスプランを内閣府の起業支援事業に認定され、「ふるさと起業家」の称号を獲得。
2011年5年半勤務したおぎはら植物園を退職。
2012年サムガクとの協働農場を立ち上げる。
農地集積から生産品目の策定、上田市名産美味だれのオリジナル商品開発や焼き芋の移動販売のスキーム構築など農地借貸から六次産業化まで活動。
2014年NPO法人の中間支援団体で勤務。
2015年ある種苗メーカーで勤務。花き類の育種、苗生産に従事。
2016年結婚。
2017年仕事をやめて嫁の実家がある青木村へ移住(予定)
現在、マスオさん化進行中。